あおやぎブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぎぶろっ!

音楽・映画・本(雑談、レビュー、コラム)

記事の無断転載、引用は通報させていただきます

2016/10/15 RUN&MOSH TOUR2016 10-FEET /LOW IQ 01  

f:id:aoyagiblogchang:20161019013331j:plain

本日RUN&MOSH TOUR2016に参加してきた。アーティストは10-FEETLOW IQ 01。会場はクラブカウンターアクション宮古。私の大好きなライブハウスだ。特に東北ライブハウス大作戦の活動を応援していて、太田社長も気さくで豪快な笑顔が特徴の良い人。そうしたことも含めこのライブには何としても参加したかった。

当日は私の通う大学の学園祭だが、そんなものは知ったことではない。

 

10-FEETはいつも本当に熱いライブをしてくれる。東北にもたくさんツアーで回ってくれるし、いしがきミュージックフェスにも毎年出演している。今年はかねてからオファーを受けていた氣志團万博のため来なかったので残念だった。

 

前話が長くなってしまったが、今回の対バンの感想を述べていきたい。

 

 

まず初めのLOW IQ 01。恥ずかしながらそのパフォーマンスを生で観るのは初めてだ。

今回のツアーは市川昌之アコースティックギター1本でのライブである。私自身、アコースティックライブに参加している回数は少ない。そう言った意味で長く感じないだろうかという不安はあったが、その心配をする必要は全くなかった。

いっちゃんの愛称で親しまれる彼は、宮古の人の気持ち、オーディエンスの気持ちをアコギ1本で持っていった。やはり対バンが10-FEETということもあって参加している人の多くが同年代のバンドが好きである。同年代のバンドマン(TOSHI-LOWHI-STANDARDACIDMAN大木など)の特徴を捉えたカバーや自身の曲を披露。オーディエンスのガヤにも対応する臨機応変さとトーク力を兼ね備え、終始笑顔に包まれていた。アコギ1本でここまでのことができるのかと純粋に驚いた。私も時間を忘れて楽しでいた。

地元の人の温かさとベテランならではの安定感を感じるライブであった。

 

10-FEETのライブ

 

10-FEETは登場するといきなり「VIBES BY VIBES」を演奏。先ほどまでの和やかな雰囲気と打って変わってクラウドサーフとフロアが揺れるほどのモッシュを発生させた。「1曲目からライブ定番できたか」と思うのも束の間、「goes on」「その向こうへ」を投下。

もう暑すぎ、熱すぎ、暴れすぎ。汗だくになって楽しんだ。その後は、被災地を思い「シガードック」「アンテナラスト」を歌った。

曲中で前列の女性が涙していた。彼女も沿岸の被災者で誰かを亡くしたのかもしれない。。。そんなことを考え、歌詞を噛み締めながら体を小さく揺らした。

その後は、いっちゃんとのコラボで「SUPER STUPID」。

「1sec」「RIVER」定番曲からLOW IQ 01との対バンならではの曲で畳みかけアンコールでは、「MOB~45 BOBSTYKLES~」などを演奏した。

MOSH&RUN TOURならではの特別感と地元の支え、その温かみを感じる最高の空間であった。

 

そして、ライブ中にTAKUMAから東北を元気づけたいと東日本大作戦と称し、仙台のアリーナを使ってフェスを行うという発表があった。このフェスは来年1月14,15日に開催予定であり、TAKUMAは京都大作戦のようなことがしたいという。参加アーティストなど未定なことも多いが、東北在住の私にとって大変喜ばしいニュースとなった。