LIFE LOG(やぎぶろぐ)

やぎぶろぐ

音楽・映画・本(日記、随筆)

記事の無断転載・引用は通報します。

 アイドルとバンドの対バンで賛否両論 ~求められるオーディエンスの在り方~

 

最近のアイドルはロック要素が強い。もう何年も前からこの傾向が強くなってきた。その音楽性のみならず、フェスへの出演、ロックバンドとの対バンが当然のように見られるようになった。

そのなかで毎回のように浮上する問題。それはオーディエンスのノリ方についてだ。

 

両者のノリの違い 

問題の根本にあるのは、ロックのノリとアイドルのノリは全然違うということ。

ロックとアイドルを除くジャンルでもノリが細かく違うものもあるが、主に大型イベントへの出演が多い2つに的を絞っていきたい。

 

さて、どちらも分からないという方のために私の感覚から両者がどのような違いを持つのか具体的に説明すると

アイドル系→コール、mix、ヲタ芸など、主に頭脳的・協同的なものが多い。

バンド系→ダイブ・モッシュなど、主に身体的・感覚的なものが多い。

 

一度でも互いの現場を行ったことがあるなら分かるかもしれないが、それでも分からない人は、もはや動画を観たほうが、把握しやすいかもしれない。

 

どちらのライブにしても上記に挙げた行為を全く行われずに静観している人達ばかりでは現場の熱量は伝わってこないだろう。

 

経緯

ロック系のノリアイドル系のノリ。私が認識している限り、これらが混在する動きが本格的になったのは、2012年頃からだ。

 

発端は2012年11月23日 に行われた「MUSIC COMPLEX 2012」(通称:ぴあフェス)これには、マキシマムザホルモン・ももいろクローバーZなど6組のアーティストが出演。激しいライブが特徴のバンドと当時勢いのあるアイドルが集うフェスは、前例が少ないながらも盛況であったがこのフェスが問題意識の火種となった。

 

これを機にロックフェスにもアイドルが出演する機会が増加し、SNSを中心にその賛否が問われるようになった。特に注目されたのは「OzzFest Japan 2013」

getnews.jp・ももクロ×ヘビメタなぜ 「オズフェスト」に参戦 – 朝日新聞DIGITAL

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305070397.html

 

同じ音楽であっても、そのジャンルの違いによって同じフェスへの出演に疑問を抱く声があるのだから、オーディエンスの楽しみ方で、ジャンルの異なるファン同士が共存など到底困難なことだ。

 

オーディエンスに求められること

以前アイドルがロックバンドと対バン形式で回る大規模なツアーを行う前にとったアンケートによると、「ダイブ??なにそれ怖い」「邪魔だからやめろ」という意見が「自由でいい」「分からない」という意見を抑え、6割以上を占めた。

 

私が言いたいことは、ダイブやモッシュなどの危険行為を推奨することではない。アーティストに合ったノリが存在して、それを適切に判断したうえで、互いの文化を尊重しあうべきということだ。恐らくどちらのファンであってもアーティストによってノリ方を変えることは可能なはず。

つまり対バンであるなら、ロックバンド出演時はバンド系のノリを尊重し、アイドル出演時は、アイドル系のノリ方を尊重するということだ。

アイドルが禁止していることを異なるファンが行うのは問題であるし、アイドルのノリを推奨していないロックバンドでサイリウムを振ったり、mixを発動させたり、オタ芸を打ったりすることには、違和感を覚える

そもそもノリ方は個人の自由であるから制限する必要などないのだが、ノリの違いを認識することで両者にとって理想的で、最良な空間になっていくのではないだろうか。

www.excite.co.jp

 

 「禁止している行動だから、出演アーティストに関わらず危険行為はやめろ」という人がいるのは分かる。

 

ダイブ・モッシュ禁止というルールはどのライブハウス、ロックフェスでも同様に呼びかけられている。ただそれが、“暗黙の了解”として受け入れられ、危険行為による怪我や事故は自己責任という体裁と保っている。

個人の行動を許容していたために、取り返しのつかない事故につながったことによってロッキンオンの主催フェス(RIJF、CDJなど)が厳重に危険行為を取り締まっていることからもその責任は計り知れないものだ。

 

危険とはいっても、全国各地で数えきれないほどライブが行われて、それらが事故に繋がるケースほぼない。それを考慮すると危険であるという認識を持ち、周囲への思いやりがあれば必ずしも罰すべき行為だとは思えない。

 しかし、どのアーティストでも協調を大事にする事前に楽曲やノリ方を理解していたほうが何倍も楽しむことができるし、不快な思いをする人も減っていくはずだ。ライブ空間を排他的にするのではなく、より自由な空間にしていくためにも共存していく可能性を見出していきたい。

 

全てのファンが批判の対象となるのではなく、指摘を受けるのはどちらも民度の低い一部のファンであって、一部の出演アーティストだけが目当てとなってしまい、他のアーティストには興味を持たない人が散見される。尽きない論争ではあるが、問題の根底はここにあるのではないか。よその文化を理解せずに自己満足で音楽イベントを楽しむ人がまだまだ多い。ノリ方こそ自由であっていいと思うのだが、それによる周りの影響を考慮していくべきだ。

 例えば、ライブを理想的な場所で観たいという思いからの最前管理や場所取り行為、他のアーティストのライブを観ようとせずに無関心な態度を取り、周りを考えずに内輪ノリを展開すること。

 

両者は相容れない性質を持つように思えるかもしれないが、気持ちの高鳴りから展開される行為として

 

バンド系ダイブ、シンガロングなど 

アイドル系オタ芸、mixなど

 

必ずしも上述したものに留まる物ではないが、このように考えると異なるファン同士であってもその根本にある性質は似ているように思える。

 

実際に参加し、自分が主体となれば、その一体感全員で会場の雰囲気を創り上げるという大きな達成感を感じるはずだ。

 

まとめ 

 最近アイドルがフェスにも出演し、ロックバンドとの対バンが増えてきたということは喜ばしいことだ。実際に私もロックフェスに出演したアイドルを観て、アイドルへの偏見がなくなり、その文化の素晴らしさに気付いた1人だ。

 新規ファンの獲得や他ジャンルの音楽を敬遠するような垣根が減っていくことは音楽シーン全体の盛り上がりにもつながる。

 

人々に根付き、継承されてきた文化なのに肩身が狭くなってきている。

だからこそ互いの文化が制限され、相容れないものとして、排除しあうような関係になってほしくない。伝統や文化をこれから先も大切にしてほしい。

 

特にフェスというオープンな空間ならば、アーティストの内部事情に通じていないライトな層で会場が形成されるため規制は非常に困難。

 

ならば雰囲気にあった楽しみ方をするべきだし、それが盛り上がりの最大限の表現方法であり、アーティストに対する礼儀だ。

 

今後オーディエンスの楽しみ方がどのような規制され、禁止されていくのかは分からない。しかしそれぞれの音楽文化に根付いた伝統が廃れてほしくない。ロックのライブで育ったファンもアイドルのライブで育ったファンも行為を禁止されて黙っているべきではない。ジャンルの垣根を越え、それぞれが理解を深め、

互いの楽しみ方を尊重し、それに順応すれば、「こんな楽しみ方もあるのか」という新鮮さ驚きを感じるはずだ。ジャンルは違えど音楽が好きであれば、敢えて自分の所属する枠組みにとらわれる必要はない。オーディエンス全体が経験を重ねていくことでもっと居心地の良い場所が創れるはずだ。

 

音楽の垣根の減少によってバンドもアイドルも好きという人も多く見かけるようになった。両者が共存し、さらに音楽シーン全体が盛り上がっていくことを期待している。