LIFE LOG(やぎぶろぐ)

やぎぶろぐ

音楽・映画・本(日記、随筆)

記事の無断転載・引用は通報します。

あなたも古参!?横縞おふらいん初ワンマン レポート

2017年8月26日に横縞おふらいんのイベントが開催されるということで参加してきました。

 

横縞おふらいんとは、水玉おんらいん(古川未鈴と成瀬瑛美のユニット)に対抗して作ったユニット「横縞おふらいん」(相沢梨紗と夢眠ねむ)だそうです。(夢眠ねむTwitterより)

 

イベント詳細

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

横縞おふらいん(でんぱ組.inc/相沢梨紗・夢眠ねむ)
~暑中見舞い申し上げます~
横縞おふらいんHP
先日開催した『夢眠ねむ』生誕イベントで再結成した
『相沢梨紗』と『夢眠ねむ』による『横縞おふらいん』がイベントを急遽開催!
『梨紗』『ねむ』お互いの生誕イベントを振り返りながらのトークあり、映像ありライブあり
この2人だからこそイベントを是非お楽しみください。
8月最後の土曜日(8/26)を『横縞おふらいん』と共に過ごしましょう☆
皆さまのお越しをお待ちしております♡

|日 時|
2017年8月26日(土)
開場|14:30
開演|15:00
|料 金|
指定席|¥5,400(3ショットチェキ付き)+入場時ドリンク代別途¥500
※未就学児ヒザ上可(お席が必要な場合はチケットが必要になります)

2017/8/26(土)横縞おふらいん(でんぱ組.inc/相沢梨紗・夢眠ねむ) | BLACK BOX

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青森BLACK BOXにやってきました。青森駅から徒歩7分くらいなのでアクセス良好です。

f:id:aoyagiblogchang:20180407142755j:plain

会場に着くと物販が販売されていて、開演待ちと物販待ちの人たちで賑わっていました。物販の近くには、アンケート用紙があったので、早速記入しておきました。

f:id:aoyagiblogchang:20180407153730j:plain

アンケート用紙

開場時間になって、入場するとライブハウスに椅子がずらりと並べて置かれていて少し窮屈でした。

f:id:aoyagiblogchang:20180407154245j:plain

相沢梨紗のコーディネート一覧 - WEAR 

www.instagram.com

 

イベント開始

着席してからしばらくすると、開演時間から少し遅れて二人が登場しました。登場して早速、横縞おふらいん単独でのイベントは初めてということなので、夢眠ねむが「今回のイベントに参加した人は古参と名乗っていい」と言っていました笑

今回イベントを開催する理由として、個人的な活動がひと段落して、いよいよグループでの活動を活発にしていこうことがあったのかと思います。でんぱ組.incは活動休止中に、古川未鈴が配信チャンネルを立ち上げたり、メンバー1人1人のソロ写真集を出したり、たぬきゅんのイベントを開催したりと活発に動いていました。

イベント内容

初めは相沢梨紗と夢眠ねむの軽快なトークから始まりました。お話を聞いているだけで楽しく、トークイベントのように感じられました。その後、生誕祭後のイベントなのでそれぞれの生誕を映像とともに振り返りながらイベントを進めていました。

生誕の模様や狙いを本人の解説付きで観られるというのは有意義な時間でした。

印象的だったのは、夢眠ねむの生誕祭が完結したことでした。学生時代から温めてきた存在である夢眠ねむをひと段落できたことに満足している様子でした。

続いて、回収したアンケートについて答えていきます。

 

アンケートの内容は津軽弁の質問や痩せたいなど...

沢山質問があって出来るだけ沢山読んでいこうとする二人の姿勢からサービス精神旺盛なことが伝わります。収容人数も200人ほどなので客席との距離も近く、アンケートを読んでもらった人は声の大きい会話のような状態になっていて楽しかったです。

 

そして、いよいよライブの時間です。

ライブは記憶している限りだと、夢眠ねむが「シリカゲルでも吸いきれない夏がある」を披露。途中歌詞を忘れて「わ~~」で誤魔化す場面もありましたが、それもまた一興。

相沢梨紗のライブでは、「空想タイムトラベル―プ」を披露し、安定感すら覚えるライブを披露し、白サイリウム一色になる対応の早さはファンにも感心しました。

ライブの最後は、二人で「カナリアのいっぽ」を披露していました。

 

特典会

終わりに3ショットチェキ撮影。二人が立っていて、椅子が用意されている状態で撮影してイベント終了。チェキ会は比較的時間が長いようにも感じられました。とはいえ緊張もありあまり覚えていません笑

f:id:aoyagiblogchang:20180407181323p:plain

f:id:aoyagiblogchang:20180407181339p:plain

(相沢梨紗、夢眠ねむTwitterより)

まとめ

初ワンマンで期待していたファンも多く、青森の会場にも関わらず倍率も高かったのですが、チェキ撮影や生誕の裏側、今後の展望である「これからも横縞おふらいんの活動をしてみたい」という声も聴くことができてファンにとって満足できる内容になっていたのではないかと思います。

セットリストも『VOCALOID 夢眠ネム』から曲を披露していたことから、イベントでの曲の幅が広がった印象を受けました。セカンド、サードとライブを期待している声も多くTwitter上で見られ、これからの活躍が楽しみです。でんぱ組.incとしての活動も軌道に乗り、今のところ横縞おふらいんとしての活動は不透明ではありますが、再び開催されることを願っています。